『パイレーツ・オブ・カリビアン / 呪われた海賊たち』 ― 呪いの上手な使い方、教えます。







邦題 : パイレーツ・オブ・カリビアン / 呪われた海賊たち
(原題 : Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl)
公開 : 2003年
監督 : ゴア・ヴァービンスキー
出演 : ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、
キーラ・ナイトレイ、ジェフリー・ラッシュ 他




 2017年にシリーズ通算五作目が公開予定の『パイレーツ・オブ・カリビアン』。このシリーズを振り返ってみたい。


 まずは、海賊映画として大成功を収めた、記念すべき第一作目『パイレーツ・オブ・カリビアン / 呪われた海賊たち(原題 Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl)』である。


-----


 個人的にも大好きで、信じられないぐらい面白い作品だと思っているのだが、一つだけ不満点がある。


 それにはまず物語の核になっているアステカの呪いを考える必要があるのだが、思うにこの呪いには二通りの解釈が可能だ。


 一つは、「棺から金貨を持ち出した者は、体がどんな状態になろうと死ねなくなる」というもの。


 もう一つは、「金貨を持ち出した者は、棺から金貨が離れたその瞬間、肉体がゾンビとなる」というものである。


 両者の違いは、単に不死身になるか、ゾンビになった上で不死身になるかである。そして、僕としては前者であるべきだったと思うのだ。というのも、そのほうが呪いとして恐ろしくて残酷だし、呪われた海賊たちの行動にも合点がいくからだ。


-----


 前者と前提して話を考えると、バルポッサの海賊団は、金貨を持ち去って以後の度重なる戦闘で傷だらけになり、傷口から腐敗していってゾンビのような姿になっても、死なずに、いや死にたくても死ねずに活動していたことになる。


 呪いを受け、本来なら致命傷になるような大怪我を負っても死ぬことができず、傷が痛み、腐敗してきて見るも無残な醜い姿になり、それでも生き続けねばならなかったとすれば、その苦痛と苦悩は凄まじかったろう。


 そうでなければ、破壊と殺戮を楽しむ海賊の荒くれ達が、わざわざ再び金貨を集めて返還しに行こうなどと考えるだろうか。


 斬られ、刺され、叩き潰されるなどして本来なら死んでいるほどの激しい痛みに苦しみ、ドロリと腐り落ちる自分の肉体とその腐臭に耐えられなくなったから、バルポッサ一味は元の体に戻ることを望んだわけだ。不死身の能力を捨ててでも。


 すなわち、腐敗したゾンビや肉が削げ落ちたスケルトンのような姿になるのは、あくまで「呪いを受けた上で大怪我などをして傷口から腐ってきた」結果、つまり前者のタイプの呪いでなければ、海賊たちの行動に説得力がないように思うのだ。



gold-1633073_640.jpg




 しかし、実際のところ呪いの性質はどうやら後者なのだろう、金貨を取り出した時点ですぐにゾンビや骸骨といったアンデッド姿に変貌するという設定が正しいようだ。


 それはジャック・スパロウが、刺される前に金貨を隠し持っておき、自分自身もアンデッドになることによって殺されることを防いだというシーンから明らかなのだが、個人的にはやはり違和感がある。


 金貨を取り上げた瞬間にアンデッドになって、刺し貫かれようが全然平気で事なきを得る。そして金貨を戻せば体は元通り。これでは、神をも恐れぬ海の荒くれ達にとっては都合の良い能力でしかないではないか。


 何らかの戦いを前に金貨を取りに行って、不死身となった上で相手を蹴散らし、後日返しにいけば体は復活、傷も元通り。もはやレンタカー感覚だ。


 残酷無比な海賊たちでさえ耐えられずに金貨を返しに戻るほどの強烈な呪いともなれば、そんな便利な使い方ができるような性質のものではないはずなのだ。

 
-----


 こんな風に考えると、やはり前者のタイプの呪いのほうが良かったのではないかと思う。


 そうなれば、ジャック・スパロウは肉体そのままに刺されて大出血し、本来なら致命傷になる大怪我を負って激痛にのたうち回り、しかし呪いのせいで死ねないとう、地獄の苦しみを味わったはずだ。


 ご存じの方には想像してもらいたい。『3x3 EYES(サザンアイズ)』の藤井八雲を。


 そして、その激痛をこらえながらタイミングを図って呪いを解いてバルポッサを撃破するという最後の場面につなげれば、呪いの恐ろしさが十分に伝わる、より説得力のある話になったのではないだろうか。


-----


 以上、最高に面白い作品ではあるが、呪いの描写については甘かったというのが僕の評価である。


(終)






600点の特典ポイントで本作『パイレーツ・オブ・カリビアン / 呪われた海賊たち』が無料。
2017年6月21日 23:59まで配信。


この記事へのコメント